MTG復帰記録

一児の父によるMTG復帰の記録

デッキレシピ(白黒騎士)

白黒騎士もとい白黒ビートダウン

前記事で使用したデッキレシピと総評です

スタン落ちするカードを一切使っておりません。

理由は前記事を参照してください

 

rttch054.hatenablog.com

f:id:rttch054:20180916010520j:plain

f:id:rttch054:20180916010541j:plain

 

メイン(土地23枚)

枚数がわからないようになっているカードは4枚

帆凧3枚

その他2枚

平地10

沼7

 

サイドは画像の通り

コントロール対策を重視し赤対策をほんの少し

 

---------------------------------------------------------------------------

スタン落ちするカードの代替について

・致命的な一押し→喪心+封じ込め

能動的に動ける軽い除去は必須と考えましたが、プッシュと同パワーのカードなんてなかったんや。。。1t目のラノエ、損魂、嵐鎮めを落としたい場面は確かに存在していました。こちらは1t目に動けるカードはサイドの強迫のみのため、つらいと感じることが多々

 

・排斥→封じ込め

今回はなくても困る場面は特にありませんでした

サイドのイクサランの束縛も出番はほぼ無かったし

 

・ファストランド

色に困る場面はありませんでした。

----------------------------------------------------------------------------

メインについて

・白黒騎士と謳ったが、輝天使、ライラの存在感も大きいためただの白黒ビートダウンだったような?

・白黒騎士、トークン騎士にの柔軟さに驚いた。軽量相手の牽制になるうえ、アジャニを引けばそのまま攻め切れる、ライラを引けば着地の隙を作れる等

・輝天使ほとんど手札にこなかったからよくわらかない。赤と1度しかあたらなかったため、耐性がどうこうなる場面もなかった。

・ベナリア史はかなり厄介と言われた。1枚で対応しきるのが難しいため、アジャニ、ライラの隙を作りやすいし、対応できなれば死。ただ、捲るカードではないため劣性の後半にきても悲しい。3t目絶対ほしい

・調整段階ではベナリアの軍司令が輝天使に変わりに入っていたが、トリプルシンボルが邪魔になることが多かった

・封じ込めと喪心の枚数は3-3がよかったかもしれない

・帆凧は優秀、白騎士のためにも

・騎士シナジーをつよくするよりもライラの着地を目指す方が様々な場面で有利だったように思える。(半分はライラが勝負を決めた)

 

----------------------------------------------------------------------------

サイドについて

・殴りあいなら除去も絡めて五分に立ち回れると思い、ターボフォグ、エスパーコントロール相手を重視した。加えて赤単への保険として馬

・どの相手にもサイド後強迫が効果的だった。こちらがビートダウンとわかれば相手の除去札が増えると安易な考えだったがPWも落とせるし1t目やることないし!

・ターボフォグ相手にサイドが噛み合った結果、テフェリーを封じながら漂着におびえることもなかった。アルゲールを通すことを重視したプレイングは結果としてコントロール相手に手札差をつけることができた。

・コントロール以外に有効なサイドがほとんどなかった。調整段階では望遠鏡の代わりに不敬の行進をいれていた。赤黒相手であれば、チャンスがあったかもしれない

 

----------------------------------------------------------------------------

総評

いける気がする!

マナ基盤についてはおおむね問題ないと思わるが

ラヴニカのギルド2色に比べれば劣性となる

それでもベナリア史→アジャニ→ライラのムーブは強いはず

。。。白単でよいのでは?

って思ったけど白黒騎士のシナジーと強迫、帆凧のサポート力がなければ実現は難しのではないか

白単だと2マナ圏の強いクリーチャーがいないんだよなぁ

 

フルスポイラーを見てから考えよう!